BBS新潟

ECHIGOに戻る

音読集団ECHIGO

音読集団「ECHIGO」国語研修会~満足度調査
2005/6/25(長岡)

キーワード「永田好き」、ありがとうございました。是非、授業で子供たちにやってみたいと思いましたし、学校に来て欲しいと思いました。子供たちの為に!(見附小)

音読(読み聞かせ)で、どのように授業を構成していこうか迷っていたが、光明が差した気がする。子どもたちに、声を出すこと、本を読むことの楽しさを少しでも理解して欲しい。がんばろうと思いました。

演習を交えてのお話でしたので、楽しく為になる研修になりました。お手本を示していただいたり、音読・朗読のポイントを教えていただいたりしたので実践してみたいと思います。

素晴らしい声を聞かせていただき、幸せな気分になりました。私も声を鍛えて、子どもたちが眠くならない授業をしていきたいです。これからも音読集団「ECHIGO」、がんばって下さい。

方言の温かい朗読が良かったです。私は小学校1年生を担任していて、読み聞かせを良くやるのですが、少しでも今日学んだことを生かせるように練習したいです。

本日はありがとうございました。すてきな音読・朗読のお手本を聞くことができて良かったです。「明日にでも授業で使えるヒント」みたいなものが詰まっていると感じました。

あらためて、日本語には様々なジャンルがあると思いました。「いろはガルタ」は習った覚えがないのにどこで知ったのだろう?私自身、それを覚えていることに不思議な感じがした。私たちは、子どもたちにたくさんのものに触れさせることができるだから、俳句・短歌などにも取り組みたいと思いました。

1時間という限られた時間の中で、≪話す⇔聞く≫そして≪一斉⇔グループ≫と良く構成されていて、授業づくりのヒントになりました。私は今、新潟出身の『佐藤真由美』という歌人にハマッています。

子どもたちの発表、発言の声が小さいので、「発声練習をしてみようかな」と思いました。読み聞かせを通して、本の楽しさに伝えていけたら良いと思います。楽しかったです。ありがとうごさいました。

語りのプロフェッショナルの影の努力が垣間見られ、声に出して読むことの大切さ、そして難しさを実感しました。

演劇のワークショップを何度か体験しています。その中で演劇の場合は、「」、一字一句、基本的に変えないというのが常識だと学びました。朗読は違うのでしょうか?もし同じようでしたら、研修会できちんと明言しないと誤解する人が増えると思います。

とても楽しく時間が過ぎました。今、直接授業を受け持ってはいませんが、自分の授業があったらやってみたいです。十日町にお招きしたいです。

アナウンサーの方の声のトーンの素晴らしさに感激!私たちも子どもたちの前で、こんな声で話せたらいいなと思います。ありがとうございました。とても楽しい講習会でした。

楽しく学ぶことができました。音読・朗読の奥深さを教えていただきました。時間が短かったのが残念でした。またの機会を楽しみにしています。

声の出し方、表現の仕方に興味を持ちました。もっと知りたい、練習したいと思いました。直接、話し方のプロから指導してもらえる機会が貴重でした。

秋田弁の朗読はとても良かったです。私の妻も秋田出身なので、興味深く聞かせてもらいました。音読から朗読へと読み方をかえて私も授業を進めていきたいと思います。ありがとうございました。

音読・朗読など実践的なものが入って、バラエティに富んでいて、とても楽しく講習を受けることができました。ありがとうございました。

音読集団「ECHIGO」の活動内容を知り、素晴らしいと思いました。子どもに対して無料というのも嬉しいことです。

ありがとうございました。声の小さな女の子たちに、どんな言葉をかけて「はっきり」話す力をつけてあげれば良いか日々の悩みでした。「もっと大きな声で!」というだけではなく、日本語の楽しさを味わわせながら、はっきりしゃべりたくなる秘訣を探していきたいと思いました。

多様な活動、大変参考になりました。子どもたちとの授業の中で是非取り入れていきたいと思います。音読と朗読についてもう一度考えてみたいと思います。

専門的な訓練方法が聞けて良かった。音読集団「ECHIGO」の活動に情熱を感じる。

今日はありがとうございました。今「1年生に伝えよう、お話の楽しさ」という国語の学習を4年生でやっています。参考になる講座での教材、指導のポイントを教えていただけて良かったです。是非機会があれば学校へも来ていただきたいと思いました。(付属長岡小)

言葉の「音」の面白さを楽しめました。

もっともっと「こんな練習法」、「トレーニング」、「こんな活動」という具体例をお聞きしたかったところです。楽しかったです。ありがとうございました。

教諭として「音読・朗読との区別」、「どう子どもに力をつけさせていけば良いのか」ということを、楽しく学ばせていただきました。大変引き込まれる講習会、ありがとうございました。

朗読と音読の違いが、簡単には区別できない深いものだとわかりました。

音読集団「ECHIGO」のスタッフの方々の意欲の強さが、私たち学ぼうとする者にとって何よりの刺激となりました。

ECHIGOに戻る
ページトップへ